アクアの値引きをみてみよう

世代ウケアクア値引き検証

 

アクア値引きのカラクリ

車両本体価格とオプションを別の視点から考察

一般的に各トヨタ系列の店でのアクアの見積もりは、車両本体の定価とオプションを
同時に値引きを進めていきますがカーナビやエンジンスターター、ETCなどのオプションを
除く車両本体のみの値引きは今のところ各店舗平均的に10万円程度が限度となっています。
しかし、「俺は20万円値引きしてもらったよ!」なんて人もいます。ですが、
その見積もり・・・オプションも兼ねてはいませんか?

 

ここでのオプションはカーナビ、エンジンスターター、雨除けバイザー、ボディの撥水加工、ガラスコーティングなどをいいます。
実は値引きをたくさんしてもらったと思いがちですが、オプションを兼ねているので
実際の本体価格はそこまで値引きしてもらっていないともいえます。
特にカーナビなどは利益が大きいので勘違いする方もいるでしょう。

 

そこで提案する方法はまずオプションを考えずに、車両本体価格のみの値引きから
はじめるという方法です。まず各店舗の営業マンとの値引き交渉では車両本体価格の
値引きを進めていきましょう。車両本体価格の値引き額が目標値にとどいたら、
オプションを付けたいのですがと持ちかけ次の交渉に進めていきましょう。
うまくいけば通常よりも値引き額が大きくなるでしょう。
これがアクアだけとは限らず、値引き額が大きかったカラクリです。
これを知っているだけで、更なる値引きが望めます。みなさんもためしてみては?

車情報

アクア 値引き
走行距離が10万キロを超えているような車は、長年乗っているわけですしにかなり疲労が蓄積されています。

 

10万キロ以上走るということは、走行中常にエンジンがまわっているということなので、
トランスミッションまたはデファレンシャルギア等も常日頃回ってきているというでことになります

 

サスペンションにおいては走行中常に衝撃を付受け続けていて、それを受ける車両本体も
何千、万回も負荷がかかってきているというとになります。

 

これまで負荷を与えられ続けてきた車体が新車時同様な状態でいられるわけがありません。

 

そこで肝心なエンジンも、これまでにどいかなメンテナンスを施されてきたかは存じませんが、
回転系は大体に摩耗しているでしょう。

 

それによりクリアランスが開いていき、異音となり鳴ってくると思われます。

 

大概の走行距離が長い車はがボンネットを開いたままエンジンをかけるといろいろな音がかなり聞こえてきます。

 

トランスミッションもマニュアル時には変速時にギアが入りづらかったり、クラッチも滑ったりすることが多々あり
、ここも改善の必要があります。

 

デファレンシャルギアなどもバックラッシュが大きかったりすることが多く、加速や減速を繰り返していくと
デファレンシャルギアから異音が聞こえてきたりします。

 

意外とユーザーの盲点となっているのがボディのよれ、少し道のガタツキがあるところを走行するとと
鳴っている場所はわからないが異音が聞こえたり、きしんだような異音が聞こえたりしているのはボディがだいぶよれていることになります。

 

ボディのヨレが盲点になっているのはボディがよれてくると乗り心地がなぜかよくなってくるという点で、
車体がへにゃへにゃする状態のオーバー走行車では車体自体がサスペンションの役割をはたしてしまうのです。

 

簡単に思いついた考えだけでもこんなにもトラブルの可能性があるわけですが、
ここまで異常があれば車体のオーバーホール、もしくは新規購入がが不可欠となってきます。